益田市「BONNE-MAMAN NOBU」にランチへ!


益田市人気のフレンチレストランへ!

先日の休みの日に島根県益田市(萩市の隣)にある

人気フレンチレストラン「BONNE-MAMAN NOBU」へ

嫁さんとチビを連れてランチに行って来ました。

 

私は10年ぶりです。

当時も、「凄いな~!」と、感銘を受けましたが、

10年ぶりの進化は、より洗練されている1つ1つのことに表れていました。

NOBUランチの本日のメイン肉料理「鶏肉の大麦詰め・・・・・」絶妙に美味い!

NOBUランチの本日のメイン肉料理「鶏肉の大麦詰め・・・・・」絶妙に美味い!

 

BONNE-MAMAN NOBU

BONNE-MAMAN NOBU正面入り口。一際目立つ青い屋根、白い壁とのコントラスト。背景に青い空と日本海。目の前の海岸を一望できる高台にある。

2013-01-30-002

BONNE-MAMAN NOBU正面入り口。

BONNE-MAMAN NOBU店内からの景観

BONNE-MAMAN NOBU店内からの景観

2013-01-30-009

BONNE-MAMAN NOBU店内。薪ストーブ。

BONNE-MAMAN NOBU店内

BONNE-MAMAN NOBU店内。ゆったりとして、清潔感のある空間。大きな窓と外の景観と白い壁が圧倒的な開放感を感じさせる。

BONNE-MAMAN NOBU店ランチ

BONNE-MAMAN NOBU店ランチメニュー!

1500円からあったのですが、ここは嫁さんと2000円のコースで!

メインが肉か魚なので、嫁さんと別々にしました!

2500円のコースは、メインの肉も魚も食べれるのですが、

ちょっとここは食い意地を抑え、我慢。(後でそれでよかったことを実感することに・・)

 

BONNE-MAMAN NOBU テーブル

青を基調としたテーブルウェア。ゴブレットに注がれる水のピッチャーにはレモンが1片。(いつもは、自家製のレモンバームだそうだ。)10年前もそう思ったけど、ただの水より何倍も美味しく感じる。食前では空腹を軽く刺激し、食間では口の中に清涼感を与えてくれる。

 

前菜

前菜「ケーク・サレ」(塩味のケーキ)ドライイチジクやブルーチーズの入った一品。中の具材それぞれの味が不思議にまとまっていて、塩加減も絶妙。美味い!

BONNE-MAMAN NOBUのパン

ちっちゃな自家製パン。なくなると温かいパンを持って来てくれる。これが、妙に美味くて、いくつでも食べられるから困る。

ごぼうのスープ

ごぼうのスープ。優しい味ですね。嫌味のないごぼうの香り。クリームベースなのに滋味あふれるあっさりとした味。美味い!

メインディッシュ 魚

メインディッシュの魚。「スズキのポワレ・アサリと桜エビの・・・ソース」。イタリアンでいうとこのハーブのきいたアクアパッツアといった感じ。京芋やかぼちゃなどの根菜が絶妙な火加減と下味で、ボリュームとすずきとの味の妙を楽しませてくれる。この野菜が本当に美味い!

ランチメイン肉

メインディッシュの肉。「鶏肉の大麦詰め・・・・」肉もパリッと焼けた皮にジューシーな肉質。美味い!肉汁を存分に吸い取った詰め物も美味い!そして、それを盛り上げるのが、やはり根菜中心とした野菜達!これらが本当に美味い!!

下に赤く見える円形の野菜。

すぐに、根菜系の輪切りとはわかるけど、

「ビーツ!?」

で、食べてみると・・・・・

大根なのだ!

「紅くるり大根」というそうで、

辛味などがおとなしく、甘いんです。

そのとなりにも、ちょっと赤みがかった大根があって、

それは、「紅甘味大根」というそうで、これも甘い大根なのです。

甘いといっても、大根の瑞々しさの中の甘さなので、嫌味もなく、

あっさりとした中に、大根の旨味と甘さがあるんです。

 

2つともほぼ生に近い食感で、(←火を軽く通してるようにも感じましたが。。。)

それが、大根らしさを残してて楽しめます。

 

で、更にその横に、黒っぽく見えるナスの背中のように見える野菜。

食べてみると、ズッキーニ?にしては食感がしっかりしてるし、

瓜の新種?と疑いましたが、どれもおお外れで、

「黒大根」だそうです。

これも大根か!ってびっくり。

それぞれの野菜の旨味と、それぞれの食感を楽しみながら、

メインの肉料理を彩ってくれます。

 

で、これら変わった野菜ですが、シェフの自家栽培だそうで、

これまたびっくり!

食後のコーヒー

食後のコーヒーとデザート「自家製プリンとチョコレートアイス・・・・」(だったかな)?

 

うちのちび

うちのちび。がっつく親の傍らで、おとなしくしてくれていました。

 

と、なんとも感銘を受けたランチでした。

ゆったりとした時間と空間の中で、

気取らず、楽しめる空気感。

そんなホスピタリティあふれる料理とサービスでした。

 

シェフの料理への姿勢に感銘を受けたのは言うまでもありません。

ぶれない信念と常に進化しようとする前向きさが

料理とサービス・お店作りに表れている。

と、10年ぶりに食べた自分の素直な感想でした。

 

絶対に、又、近いうちに来よう!

そう思いながら店を出ました。

 

・・・・・・でその日。。

 


大きな地図で見る

益田市 BONNE-MAMAN NOBU ホームページ

店長:福島 について

山口県萩市須佐の料理屋「口福の馳走屋 梅乃葉」店主
カテゴリー: ありがとう・感謝!, グルメ, 日常 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください