イカ型ロボットのボディの色は実は醤油??

イカ型ロボットが来週にはやってくる。

ほぼ完成しているという連絡を受けた。

しかし、もう一息、再加工の手間が入るとの知らせ。

.

どうも、製作者様(チューゲン氏)のこだわりで、

武器が気に入らないということで(笑)やり直しをしているらしい。(凄い。)

.

最新スナップショットがこれ↓

イカ型ロボットの手

イカ型ロボットの手

錆色がアンティークでもあり、何か、あったかみを感じる。

開発中、つやっつやっの鋼鉄だったはずのパーツが、見事に錆ている。

その辺は、もちろん技によるものなんだけど、

ただ、錆びさせているだけではないのです。

.

表面を錆びさせるだけでなく、

溶接し、グラインダーで削り、溶剤で腐食させ、

見事にベース部分からアンティークな仕様に仕上げている。

その技術力には脱帽です。

.

イカのボディの出所

イカのメインボディにあたる鉄板というのが、

実は当店がお世話になっている萩市の味噌&醤油メーカーの、

岡田味噌醤油さんの蔵で使われていた鉄板だったというシロモノ。

.

この見事な錆色は実は醤油の名残か?っていうくらい年期の入ったものらしい。

で、この鉄板に住み着く麹菌が覚醒して、この色になった・・・・・・・・ような感じの色です。(なんじゃそりゃ)

もう一度、映像にてご確認下さいませ。。。(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=hFV4-8WSCMI

もともと、チューゲン氏を紹介してくれたのは、

岡田味噌醤油の若社長なんです。(←この方もちょっと変わった?アーティストです。ww)

.

構想を話して、対応できるかを尋ねた時、

太鼓判を押してくれたので、

木工職人であるチューゲン氏に依頼することになったという経緯がありました。

いやあ、さすが、萩の中のネットワークは面白い。

.

さてさて、来週の納品が増々楽しみです。

.

.

店長:福島 について

山口県萩市須佐の料理屋「口福の馳走屋 梅乃葉」店主
カテゴリー: ありがとう・感謝!, 梅乃葉 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください