瑞風を振り返り

瑞風に乗ってまいりました。

もう、4ヶ月前になりますが、トワイライトエクスプレス瑞風の山陽上りコースに、父と一緒に乗ってまいりました。

JR西日本の高級クルーズトレインで、山陰山陽の沿線の景観を堪能しながら最高級のおもてなし・サービス、ミシュランシェフ監修の料理、各地の立ち寄り観光を楽しめる周遊型寝台列車です。

ご縁あって、梅乃葉は、山陰下りコース時の2日目の朝食の提供を担っております。

ご提供する朝食は、長年、私がしたためていた、本来はお昼のお客様に「もっと、こういう楽しみ方で食べて頂きたい。」とやりたくてもお昼の営業ではなかなかできないお料理の形と献立で、この地に来なければ味わえないお食事をお出ししたいという気持ちのもと、萩・須佐・山口の素材で提供しています。

瑞風に乗せていただき、ミシュランシェフや沿線シェフ監修の料理をいただき、瑞風クルーのサービスを受けながら、父と話すのは商売・料理の話ばかり(笑)。

立ち位置を変えて、様々なコンセプトのもと構成された他店の献立と味わいを堪能する体験はやはり面白く、学びは多かったです。ただ、瑞風に乗せて頂いた機会は何より瑞風のサービスの中で、当店の料理はどう存在するべきかを練り込む機会と思っておりましたが、結局、今のままの方向性をブレずに、クオリティと安定性を向上させることだと更に思いを強くしました。

「ここに来なければ味わえない体験」

これは、当店にとって昼食も朝食も同じです。

もちろん、瑞風の朝食献立は、仕込みにも提供にも手間がかかるため、お昼の営業では同じことはできませんが、瑞風への朝食提供を通して、お昼の仕事の品質が上がり、良い循環が生まれているのも確かです。

良い機会をいただきました。

感謝です。

何より、父を連れて行けました。

今まで梅乃葉を支えてきた父に、仕事で瑞風に乗る機会をつくることができて、しみじみと沿線の旅を味わえました。

 

さて、本年最後に、瑞風での体験を通して感じたのは、新たな学びやモチベーションを得て、結局、いつも当店に来てくださっているお客様に、

「どうしたら、もっと、楽しんでいただけるか!?」

ということです。

来年初頭から、告知してゆきますが、大変多くのお客様からお声を頂いている梅乃葉の海鮮だしの素「海賊だし」が姿を現します。

様々な料理に化けて、登場しますのでご期待ください。

 

 

暗い話はまだまだ多く、普段の生活が変わってしまっている方もいらっしゃいますが、梅乃葉が生活の中で、

「今日は須佐まで行って梅乃葉で楽しもう!」と、

明るい日常のひとときを提供する場になるよう、2023年も尽力してゆきたいと思います。

本年のご愛顧、誠にありがとうございます。

来年も、宜しくお願い致します。

 

カテゴリー: ありがとう・感謝!, させて頂きます!, グルメ, トワイライトエクスプレス瑞風, 俺ってついてる!?, 店長雑感, 梅乃葉 | 3件のコメント

2022年の振り返りと今後

2022年を振り返り

コロナ対応の変化

現在、コロナ規制も緩やかになってきていますが、本年初頭はまだまだ厳しい時期でした。

まん延防止等重点措置の適用が山口県でも決まって、当店の感染拡大防止対策も継続しておりましたので、大変、お客様にもご不便をおかけしておりました。

しかし、GW中の5月1日からは、入店時の記帳を止めるなど、徐々にその対応も緩和してゆくようになったのですが、ここで問題が出てきました。

ありがたいことに、行政の経済対策が様々行われはじめ、人流がお陰様で復調し、当店にも多くのお客様が増えてきたのですが、その勢いが大きく、サービス対応が困難になってきました。

サービス・システムの改定

そこで、お水やお茶のセルフサービス化や、LINEで事前の順番取りのシステムを停止、営業時間中の電話対応の原則停止・・・等など、お客様へのご協力を得ながら対応を進めてきました。

原料・経費コスト価格の上昇

今後も続くと言われている電気ガスなどのエネルギーコストの上昇、仕入全般にわたり、何度も価格が上がってきているため、7月にはメニューの価格改定を行わさせて頂きました。

水産資源の減少

活イカ・のどぐろ・うになどの不漁の影響が大きく、対応が大変厳しくなてきました。

■活イカ

特に、活イカに関しては、本年夏お盆には実施しましたが、提供制限を今後も一定の条件のもと行うことも出てくると思われます。

提供制限とは、多くのお客様がご来店くださる連休等で活イカの入荷が少ない時に、取り置きの数を人数の半分までの数に制限させて頂く措置です。(実施時はその都度告知いたします)

■のどぐろ

又、のどぐろに関しては、異常不漁状態が今後も続く限り、異次元のような市場価格の高騰となっています。流石にそこまでの価格上昇を踏まえた料理の提供は困難ですので、年明け早々には一旦、提供が止まる状況です。

■活うに

春の3月後半から提供開始するクロウニ(ムラサキウニ)は、今後も提供は大丈夫ですが、5月から夏に出るアカウニは、不漁状況が今後も続くと思われます。その価値は現在も上昇し続け、市場では海外からの引き合いも強く、資源が少ないのに、価格が上昇し続けているという異常事態にもなっています。

来年からのさらなる挑戦!

本年は、お伝えしきれない取り組みや出来事がありました。

コロナウィルスやロシア-ウクライナ戦争の影響にしても、目の前のことばかり気にしていては、世の中の変化に対応できなくなってしまいます。

新しい出会いもありました。

旧知の方のお声がけやアドバイスによって、新たな目標や展開を想像することもできました。

各資源の不漁は今に始まったことではないので、どうやったら今後もお客様に楽しんでいただけるかは、以前より、お店の対応を考えながら進めてきました。

様々な挑戦・経験をしたお陰で、当店レベルの一般的な小さな飲食店にしては、似つかわしくない、高品質・高機能な機器が当店には揃っていたり、優れたパートナー事業者や生産者との繋がりもあります。

その御蔭で、まだまだ、お客様に提供して喜んでもらいたい、料理・素材やサービスはありますので、ご来店されるお客様に今後も楽しんで頂きたい思いで一杯です。

なかなか、情報発信ができず、いつも来てくださるお客様の中には、来られるタイミングを失っていらっしゃる方も多いかと思い、反省しております。

年末になり特に思うのは、本当に遠方の当店に、いつも来てくださる素敵なお客様への感謝の気持ちです。

コロナであろうが、不漁であろうが、いつも応援してくれ、声をかけてくださる笑顔に、「あ~お店をやってて良かった~」としみじみ思わさせて頂きます。

いつもありがとうございます。

今後とも宜しくお願い致します。

 

来年からの、梅乃葉の進化・挑戦を、又、楽しんでくださいね!

感謝!

カテゴリー: ありがとう・感謝!, させて頂きます!, 俺ってついてる!?, 店長雑感, 活イカ, 活ウニ, 磯の魚介 | コメントする

感謝!セルフ化で劇的に負担軽減となりました。

お水(お冷)のセルフサービス化始まっています。

’22/6/17より、お水(お冷)の提供やおかわりがセルフサービスとなりました。(冬季はお茶も同様です)

飲食店としての慣例もありますし、お店のスタイルにもよりますので、その線引は様々ですが、もとより、当店は、当店にしかできない料理や楽しみ方(口福)を提供するのが方針であり「らしさ」だと思っております。

一流のお店であっても、真似のできない料理やメソッドがあります。それでも、気安く食べに来て頂きたいというスタイルですので、あまり、他店がどうしてるから、同じにしておこうという気はありません。

ですが、お水の提供は、なんとなく、お店側が「出してあげたい」「出さなきゃいけない」という考えに囚われてはいました。

 

劇的な負担軽減

大変、びっくりしています。ここまでか!というくらい今まで「お水を提供する」に付随して起こっていた、無駄がなくなったのです。

無駄と言っているのは、直接的に「お水を提供する行為」ではありません。

ご注文を取りに伺ってお水が出てない時は、再度お水を持ってお届けしますし、早々にお水をご用意して案内しながらテーブルに着席されるまで待ち続けたり、または、その時点で、用意したお水と人数が違い再度入れ直しに行ったり、ある時は、他のスタッフが既に持って行っているのに、そこまで運んで行って気づいたり、これらのことって、お客様には、見えないことで、本当に完全なる無駄だったのです。

これが、来店の多い繁忙時間中永遠に繰り返されるわけですから、スタッフの疲弊も増すばかりでした。

もちろん、お水のおかわりというのも、たとえ、おかわり用のお水をサービスカウンターに用意しておいても、お客様から言われれば、お入れしていましたが、「セルフサービス」と最初から告知してあると、当たり前ですが、そのおかわりもお客様ご自身でやって頂けるのですから、本当にその業務がごっそりなくなるのは、大きいのです。

今までも各テーブルに用意しようとか、お客様のご案内の流れ・システムの改善で、無駄を省こうと検証していましたが、大した効果はありませんでした。

ご協力頂いたお客様への感謝!

大変、スムーズにご協力頂けております。

インフォメーションや店頭の告知をご覧になられた方もいらっしゃいますが、それでも、セルフサービスを普通に受け止めてくださっているお客様に感謝しきりです。

ファミレスや回転寿司といったチェーン店だけでなく、小さな飲食店でもセルフサービスは珍しくはありません。当店のような不特定多数のお客様が、どんどん入退店を繰り返す業態のお店では普通によくあることかもしれませんが、このたびは、当店スタッフにとって、大きな変化でした。

感謝!

 

他店紹介始めます

又、今後の方向として告知しています、他店の紹介は早々に始まります。

今後、繁忙期となって増え続けるお客様への対応は、ますます、難しくなり、具体的に言えば、土日祝日は待ち時間が長くなることは間違いありません。

同じ地域内に、活イカを提供するお店はありますので、

「別に梅乃葉でなくていい」

「イカさえ食べられリャどこでもいい」

「待ちたくない」

という方は、是非、活イカの有無をお問い合わせの上、他店に行かれることをおすすめします。

—- 須佐地域内の活イカのお店 —-

美志満屋   TEL:08387-6-2055

穂乃花    TEL:08387-6-3865

いかマルシェ TEL:08387-6-3380

ジョイフルセンター(2022年は休業)

————————————————

各店、こだわりや努力をされています。

ただし、その内容・価格などについて、当店が保証や推奨するという意味ではありませんので、ご検討の上、ご利用ください。

当店は、「当店が良い」「待ってでも当店で食べたい」と思われ、期待されて来られている方に、少ないスタッフで全力で対応させて頂きます。。

カテゴリー: ありがとう・感謝!, させて頂きます!, 店長雑感 | コメントする

なかなか活イカ(須佐男命いか)がこないのです。。。

GW中、まったく入荷できておりません。

あれよあれよと、気がつけば4月も終わり、ゴールデンウィークに入っておりますが、現在、活イカは全く、入荷できておりません。

コロナ休業以外で、ここまで、GWに全く入荷がなかったことは今までありませんでした。

漁獲の減少は近年進みつつありますし、気候変動の影響は大きく、過去の予測は昔みたいにはあてになりません。

なかなか、厳しくなっていく中、地元漁師のためにも、当店のファンの方のためにも、少なくなりつつあるこのイカを、大切に、提供してゆこうと思うばかりです。

GW中人気筆頭は「イカ天丼」「のどぐろ炙り丼」!

活イカがなくても、わざわざ訪れてくれるお客様も多く、感謝です!

活イカがなくても、主役級の料理が揃っております。

特に、サイドメニューなどを付加して、あれこれと折角の機会にといろいろなメニューを楽しまれています。

活ウニも入荷していますよ~!

と、色々、思いつつ本年GWの5/4,5/5は、お休みさせて頂きました。

帰省客・観光客で溢れかえっている本年GWのど真ん中をお休みさせて頂き、申し訳ないところですが、私も、久々に家族でお出かけしてきました!

良い天気でしたし、お出かけしたくなるこんな休日が、今後も続けばいいですね。

 

わざわざ来てくださるお客様の外食のひとときを、思い出に残る素敵な楽しい体験で!

今後も粛々と頑張ってゆこうと思います!

 

皆様、今後とも宜しくお願い致します。

店長

カテゴリー: ありがとう・感謝!, 店長雑感, 田舎時間 | コメントする