過去にない異常不漁となっております。

「海の様子がおかしい」

「こんなこと初めて」

漁師や関係者から、現在の状況について、声をよく聞きます。

この9月中頃の今、剣先イカ漁最盛期のはずが、ここまで獲れないというのは、

過去例を見ない状況です。

 

これは、活イカ漁だけではなく、一般的な網漁も含め、鮮イカ(発泡箱の市場に出荷されるイカ)も、

獲れておりません。

以前でしたら、ある程度の不漁でしたら、市場価格もそこまで高騰することはなかったのですが、

今では、過去獲れていた頃と比べれば、6倍に近い価格にまで跳ね上がっています。

イカがないという状況もありますが、剣先イカの価値が上がってきているという点もあります。

価値が上がるのは嬉しいことですが、獲れなければ、皆さんに楽しんで頂けません。

 

 

梅乃葉として

現在、活イカは、須佐の漁師の皆様に託し、

回復を待つばかりですが、

鮮イカの仕入れは、かなり高騰している剣先イカを現在、手配しています。

しかし、その剣先イカを使って、活イカ以外のイカ料理(イカ天丼や三昧丼など)を作り続けることは、

とてもお店の運営上難しく、当店のイカ料理の提供全般に関わる課題にもなっています。

 

追記(2019.09.14)

サイドメニューでお出ししていた、「イカの天ぷら」(単品)も、提供を一時ストップさせて頂きます。

 

この時期穫れる他の種類のイカを使った季節(この時期)限定的な対応も検討しており、

又、その折は、告知させて頂きます。

 

 

皆様には、ご迷惑をおかけいたしますが、

イカを楽しんで頂くお店として、

精一杯対応させて頂きますので、

よろしくお願いいたします。