努力と継続と・・・情熱と。。。ノブへ又、食べに

nikkei

日経ビジネスの記事より

努力を続ければ点と点は必ず結び付く

藤田浩之

クオリティー・エレクトロダイナミクス社CEO

アメリカで医療機器メーカーを興して現地で雇用を生み出し、この輸出製造業を成功に導く。

2012年、藤田氏はオバマ大統領の一般教書演説に日本人で初めて招待され、

2013年春には商務省評議員に選出。

 

たまたま、そんなお方の記事を見て、

天性の才能とか、奇想天外なニッチマーケティングとか、華やかで突出したマンパワーとか、

昨今、注目されるITビジネスリーダーなどの話よりも、

一番素直に、感化された。

 

きっと、日本人が好む「努力」という文字のせいもあると思うけどw、

基礎的な勉強・努力の積み重ね。

信念・志をもった継続。

自分をかえりみるには、こういう話のほうが素直にしっくりきて、

腑に落ちる。

 

もちろん、それだけで、これだけの成功を収めれるわけじゃないけど、

小手先に惑わされず、積み重ねるべき自らの努力は、続けてゆこう改めて思いました。

 

ノブへ

で、そんな話から、

自らの料理の勉強を考えていたら、

先日、また行ってきた「ノブ」を思い出しました。

DSC_0060-s DSC_0063-s DSC_0065-s DSC_0069-s

 

(解説は端折ります)

義母・義弟と家族で押しかけ、

平らげました(笑)。

もちろん、相変わらず、どれも美味いですよ~。

1つ1つの素材使いが学びです。

 

 

もう、こちらのシェフこそ努力と継続の人ですね。

料理からいつもそれを感じます。

 

この山陰の地で、

この業態で、

このお店とマンパワーで、

この料理(素材)を、常に提供する。

努力・情熱なくしては絶対にできません。

 

 

で、またまた、感化されやすい自分は、

さて、何からやってやろうかと、料理熱も燃えるのですが、

お店がら(カラーと言おうか、体制と言おうか)、提供はできないものもありますが、

ちょっとづつでも、進化の片鱗を、お客様が感じて楽しんで頂ければと思うのでした。

 

冬にかけてのメニューになりますが、

昨年来、提案したかったメニューも有り、

近々、ご提案してゆきたいと思います。

 

 

 

店長:福島 について

山口県萩市須佐の料理屋「口福の馳走屋 梅乃葉」店主
カテゴリー: グルメ, 日常 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください