Articles tagués ‘長門峡’


休日は長門峡・紅葉狩り

久しぶりの休みに家族&義母で長門峡へ紅葉狩りに出かけました。

もちろん、長門峡の萩側、竜宮口へです。

長門峡竜宮淵

長門峡

長門峡

.

長門峡は山口市9号線側から?

山口市9号線側からも行けますが、というか、利用客はそちら側が実際多いようですね。

途中、現地の方が説明されていましたが、遊歩道の距離でいうと萩側は若干短いけど、

見所が多いのは萩側だそうで、なるほど行くと納得ですね。

.

アクセスでいうと、ホント9号線からの方が道の駅も近くにあって、

便利だし気軽に感じます・・・・・・・・・・・

9号線はよく自分も利用しますが、

長門峡を楽しむということで言えば、道の駅が近い以外のメリットを感じないですね。

いや、言い方を変えると、

萩側の方が行く道中からして面白いだろ!?

と、萩側から長門峡に行くのが初体験の私の率直な意見です。

.

萩市川上地区側から行く長門峡へのアプローチ

阿武川温泉

先ずは、川上地区には温泉があるのがいいですよね。泉質もいいとか。公園もあって、子どもはそっちが嬉しかったようです。

遊覧船

今年からは、萩が力を入れている遊覧船も就航しました。(水不足で運休中ですが)

阿武川ダムのダム湖(阿武湖)での遊覧ですが、

車での蛇行する道中、目の当たりにする渓谷の大自然が、

水辺の視界から見れるかと思うと、これは乗りたい衝動にかられますね。

重塀岩

.

紅葉のシーズンだけのようですが、これは確かに必見ですね。来年の就航を期待したいです。

.

知られざる滝「美少年の滝」

道中、ビューポイントはいくつかあって、道路際にPスペースと看板があります。

巨大な岩・絶壁も周辺の自然と合わせて見所ですね。

長門峡-岩

.

途中、橋の袂のPスペースで休憩をすると、

長門峡へ

藪の中に何やら立て看板が。。。。

美少年の滝

.

.

「美少年の滝???」

なんだそれ?

家族に教えると、かぶりついたのは義母で(笑)、

看板には道が崩れている等の注意書きがあるのに、

ずんずん突き進んでいったのには、あきれた

okaasann

いやいや、言葉の魅力を感じずにはいられない。(笑)

(ま、でもすぐに進めなくてあきらめましたが。。。)

.

こういう、摩訶不思議でマイナーな「滝」情報は、

おうどいろのBARAさんとこを調べれば必ずわかるだろうと思って、

家に帰ってチェックしたら、やっぱり!

おうどいろ計画ホームページ・・・「美少年の滝」

.

N氏と言えば・・・・ああ、あの方ですね。

N氏の命名なんですか!?

ということで、N氏のブログにも・・・

長門峡新ハイキングコース

などなど、紹介されていますが、

そう言えば、以前N氏は、長門峡の未開拓のエリアが素晴らしいので、

観光開発を進めたいなどと力説されていたのを覚えていますが、

長門峡ならあるでしょうねえ、だって、散策には不便なくらい未整備なとこ多そうですから。

高島北海が私財で遊歩道開発されたのに習って、N氏も、ここは一つ勝手に作ってみては?(笑)

.

美少年の滝には今のままでは歩いて行けない。

どうも、対岸の山肌に見えるようですね。

それも、位置的には山の上の方、水量が多いわけでもないので、(だから水も滴る・・・・なんだそうですが)

見つけづらいのかな?

.

ただ、遊覧船就航で、こういうポイントもいずれ気軽に楽しめることができるのかな?

ちょっと今後に期待したいです。

義母がかぶりついたように、「美少年の滝コース」って、なんか、「熟女限定」とかサブタイトル付けてみてはいかがだろうか?

ついでに、大昔、美少年がここで何やらしていた伝説をテキトーに(笑)作ってしまえば、笑いがとれるのでは!(←笑いをとってどうするんだ?)

まあ須佐と違って、先ずこういうふざけた路線をやらないのが萩観光ですからね。

まっとうに、観光振興されることでしょう。

なんだかんだ、渓流を眺めながら、僅かながらでも紅葉を楽しめ、家族と一緒に楽しめましたので、

良い休日でした。

出掛ける立場になって、楽しむことは、仕事にも役立ちます。

こんな風に、遊びに出掛けて、美味しいものを食べて楽しみたいっていう、

普通に誰もが願うことを

食を提供する立場からお手伝いできるよう、又、明日から頑張ります!