Articles tagués ‘イカ墨カレー’


「熱血テレビ」放送後・・・

先日6/13日のKRY「熱血テレビ」での「イカ墨カレー」の放送直後には

電話は殺到、

通販オーダー どどどどど・・・・。

FAXでのご依頼も数々・・・・。

誠にありがとうございました。

イカ墨カレー

商品がいつものストック量では間に合わず、

この週末に、再仕込みを経て、本日出荷し終わりました。

「とりあえず、食べてみたい。」

正直、そんなきっかけだけで、十分ありがたいご注文でした。

 

こだわっていることとは

発展途上の料理

この商品への思い入れは自分的には深く、練りこんだレシピは、

今では、かなり洗練されているつもりですが、

「もっと深く・美味しくなるはず!」って、

まだまだ、もっとこだわってゆきたいと思っています。

 

イカ料理のスタンス

取材の中で、(カットされていましたが)

「活イカと、イカ墨カレー、あえておすすめなのはどちら?」

という問いがありました。

 

迷わず、「活イカです」と応えました。

(↑番組の狙い的にはカレーと言ったほうが面白かったのかもしれませんが。。。)

「しかし、その裏側・対局に、こんな剣先イカの味わいの世界があるんだというのがイカ墨カレーの魅力なんです」

とも言っています。

 

活イカの醍醐味を楽しんでいただくのは、当店の揺るがない使命です。

活イカ以外のこういったイカ料理の数々は、

浮気させるために、あるいは、あれもあるこれもあるといった並列に並べて、

メニューの選択肢の幅を見せるためではありません。

 

男命いか(剣先イカ)という素材は、

色々な角度から突き詰めてこだわると、

そのどれもが主役級の味・看板料理となるポテンシャルを秘めており、

その真骨頂が「活イカ」なんだということを表現しているのが、

梅乃葉の「イカ」メニューラインナップなんです。

 

この度、KRY「熱血テレビ」さんにスポットをあてて頂いた「イカ墨カレー」とは、

そんな剣先イカ料理の突き詰めたこだわりの1面、

それに対して、取材のお話を頂けたことは、本当に嬉しかったです。

 

思わぬ副産物!?

ご注文は大変ありがたく、

今回を機に勉強になったことがいくつもあります。

そこを魅力と捉えて頂けるんだ。。。!とか、

パッケージ上こんな注意点があったのか。。。!

などなどの気づき、

事業のステップとしてもう少し先と考えていたことも、

この機会に、内部的な理解や、ヤル気を得ることができ、

今季早々に進めることとなったのは、嬉しい誤算です。

様々な、出会いと引き寄せを感じました。

 

そう、自分がこう進めてゆきたいと思い描く事業の進化を、

色々な方のご縁が、造ってくださるという感じです。

それに見合う、自助努力はこれまた難しいんですけどね。

ほんとうに感謝です。

 

放送は、各県で、8月末くらいまでバラバラの日程で放送されます。

各県でのリアクションも参考になります。

今度は、6/21に、福井県で、放送です。

先ずは、本日発送しましたイカ墨カレーを、お客様が楽しんで頂けるだろうか!?

その心配ばかりです。

イカ墨カレーパッケージ

昔、魚屋で使われていたという蝋引き紙に包んだシンプルなパッケージで、販売しております。

ご注文は、イカ料理通販部

 

 

ん~、やっぱり、俺ってついてる!!