Articles tagués ‘お節料理’


御節料理

今年は、毎年作っていた御節料理をやらないことにしました。

正確に言うと、お重・オードブル・折を、故あって御節料理のラインナップから外させて頂き、

一昨年より作っている、品数を限定した友禅和紙製の小箱(二段)のみで対応させて頂いております。

品数は、昨年より若干増えて9品ですが、人気の御節惣菜がギュッと詰まった華やかなものです。

友禅ミニ小箱

友禅ミニ小箱

お重やオードブルでは、品数も~30品くらいはご用意させて頂いており、

昨年までいつもこちらを御購入頂いていたお客様には、

今年はお作りできないとお断りをするのが本当に申し訳ない思いです。

.

ほとんどのお客様は、お重の方はお重。

オードブルの方はオードブルを例年頼まれていましたので、

小箱を代わりに御購入頂けるとは一切思っていませんでした。

.

どちらかと言うと、店頭でのチラシを見た遠方のお客様か、

通販で買ってみようかと思われる方くらいで想定していたのです。

.

ところが、

いつものお客様から問い合わせを受け、内容を伝えると、

.

「量が少ないなら、複数個買おう。」

「品数が少ないなら、何か他のものは作っておこう。」

「人数ももともと少ないし、それでええよ。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と、おっしゃって、いつものようにご予約されるんです。

.

正直、これには参りました。胸を打たれ頭が下がる思いです。

明らかにいつもの状態を期待された方もいらっしゃるのに、

「それでもええ」「あんたんとこで頼むけえ」と。

お客様に支えられていることをしみじみ痛感します。

.

「真っ当な仕事をしよう」

「美味しいものをお作りして、喜んで頂こう」

そう背筋がのび、襟を正す思いです。

感謝。

.

友人

年の瀬になって寒さもあり、お店に来店するお客様の数は減りはしたものの、

他の仕事が順調で、なかなかゆっくりとはさせてくれません。

先日、ホントに久々に友人と飲む機会があり、あれこれ話をしました。

その前日は、別の友人の仕事場に押しかけあれこれ色んな話をしました。

.

仕事の話をガッツり話せる相手は、ここ須佐ではわずかしかおりませんので、ホント久しぶりです。

この1年、いや2~3年を振り返りながら、やるべきことの変移を感じたり、

変わらぬ地域事情を憂いたり、

「最先端病」に踊らされることない王道・核心を語りながら、近い未来を語るわけです。

本業の話も、お互いの話からヒントを得たり新たな可能性や視点を発見します。

.

地域や萩エリア内での業界で徒党を組むと、

得てして年功序列や学閥(高校レベル)のの匂いが強すぎたり、

一番の危惧は、視野が「萩市内」というのも珍しくありません。

若者にまで伝染していることもあります。

.

余計なストレスや指摘を受けたくないのもあって、

立ち入らないようにはしていますが、

.

元来、私は人が好きで、人によって刺激を受け、成長させて頂いておりますので、

人と話し合う・語り合う機会の少ない今年1年など、それもちょっとしたストレスでした。

まあ、夢中で仕事に突っ走った1年でしたので、気がつけば年の瀬という感じではあるんですが。。。

友人との久しぶりの一時でした。

感謝。

今年は、本当に多くのお客様にご来店頂き、

又、たくさんの料理(仕出し)のご注文を頂き、

過去にないほどの仕事量をさせて頂きました。

しかし、

もとより量をこなすことを主眼としてはおりません。

喜んで頂ける商いを再構築し、ご提案できるよう、

これからも頑張ってゆきたいと思います。

.

お客様に気付かされ、

友人に気付かされ、

自分の追いかける仕事が成長してゆく。

こんなに面白い仕事をさせて頂けていることに感謝しきりです。

.

やっぱり、俺ってついてる!

.