Archive de la catégorie ‘グルメ’


【季節限定】のどぐろ生姜釜飯ローンチ致します!

一口食べて、「これ、好きなヤツ~!」とスタッフも絶賛。

相当うまいです(笑)。

脂ぶりっぶりの「白身のトロ」の旨味を
       ギュッと閉じ込めました!
特殊冷風乾燥技術【特許】で極柔のソフトな「一夜干し」にして
旨味を凝縮!そのまま炙り焼きに。ガツンと「生姜」をきかして、
アツアツの「釜飯」で炊きたてを食べる口福をここに。

最近、大変多くなっている山口・萩観光での昼食の機会を梅乃葉で

というお客様にこそ召し上がっていただきたい料理です。

 

 

釜飯料理の再開!

炊きたて

この度の釜飯は、梅乃葉が目指すところの「たて料理で味わう日本最強のイカランチ」への伏線です。

たて料理とは、さばきたて、炊きたて、焼きたて、揚げたて、・・という作りたてのたて。

梅乃葉は、萩市須佐の誇る「須佐男命いか」を日本一のイカとして「多くの方に」伝えてゆく使命があります。

 

割烹・懐石料理として限られた顧客層に最上の空間とサービスと料理をという方法もありますが、

それはそれ。

小さな田舎の料理屋にわざわざ遠方から来て頂き、

気軽に多くの方に楽しんで頂くための、空間とサービスと料理を提供するのが我が道です。

ガッツリ生姜・うっすら塩味

こののどぐろの釜飯で、

満を持して「炊きたてを食べる楽しさ」の提供を再開致します。(2年くらい休止していました。)

その味付けにも伏線がありまして、「生姜」をガッツリきかして、薄味(調味料)で、素材を楽しめるようにしております。

又、それは、一緒に食べて頂きたい「須佐男命いか」を念頭にしているからでもあります。

【特許】特殊冷風乾燥機による奇跡のソフト干し

のどぐろを、表面はパリッパリに、中は芯から均一に脱水させ、加熱後の柔らかさが半端ない仕上りとなるこの技術、この装置、

もうテスト期間からの解禁となりますので、近日、本格稼働致します。

 

イカの新商品開発のための装置なんですが、あまりに優れものなんで、のどぐろに使っちゃいました。

のどぐろの旨味を凝縮させ一夜干し状態にし、炙り焼きます。

↑この時点で、相当な美味しさなんですが、(惣菜としてメニューに出そうかとさえ)

炙り焼いたのどぐろを釜飯に仕立てたのが、この度の商品。炙り焼いた香ばしさも、したたる脂もお米が全部吸ってくれます。

そのまま、炊きたてアツアツを召し上がって頂きますが、

蒸気で蒸し上がる身が、柔らかく、のどぐろらしさを余計に感じます。

 

「いや、自分は焼いたものをそのままおかずにして食べたいんだ!」

 

とか言っちゃう方のために、(店では料理としては、現状、提供いたしません。)

もしかしたら、「のどぐろのソフト干し」を販売するかもしれませんが ・・・・・

多分しないでしょう。(ショーケースに入れるとこないんで。)

 

そんな色んな思いを載せて、

明後日くらいから、開始したいと思っています。

 

単品もありますが、

活イカと美人漬けとセットになった形で、お得になります。

 

是非、お楽しみ下さい。

 

 

 

 


ケンサキイカ一夜干し×酒米塩糀×小豆島EXVオリーブオイル

の美味の妙。

現在、黙ってひっそりと、店頭販売しております。

 

私、梅乃葉店長のイカキャリア(?)最高傑作と自負する、

ケンサキイカのポテンシャルを最大限活かした逸品

「ケンサキイカ 炙り美人 【オイル漬け】」

です。

 

もうね、ひたすら旨いです。(笑)

 

鮮度の高いケンサキイカを一夜干しにした段階で、旨味が凝縮されています。

その一夜干しに、更に、

萩美人漬け同様、澄川酒造様より頂く純米大吟醸用の米糀と、萩の海塩でつくる「塩糀」を、

東洋美人「純米大吟醸」と一緒に漬け込み、

一つ一つ手作業で炙り焼きます。

そして、

焼き上げたイカの身に、小豆島産100%のエクストラヴァージンオリーブオイルを垂らします。

コレだけです。

 

コレだけなんですが、

この一つ一つの素材・相性・調理工程の吟味に、

剣先イカを追求し続けてきた梅乃葉のキャリア・こだわりが注ぎ込まれています。

 

世の中の剣先イカの加工品にこれ以上はない逸品!

そう自負しています。(←もちろん、私の勝手な自信です。)

 

なぜ、酒米の糀を使うのか?ってところで、

糀好きの方でもあまりご存じないのが、生きた酒米の糀(酵素)の特性です。

その特性を駆使し、その方向性のまま、糀を扱います。

東洋美人を手掛ける澄川酒造様が、意図する糀造りとその酵素の働きの方向をです。

 

干物の糀漬け自体、古くからある料理です。

昨今、塩麹漬けというのも、ブームもあり、よく見かける組み合わせです。

そのよくある組み合わせなのに、なぜにこんなに美味しく、高品質にできたのか!?

 

 

じつは、この商品の開発ナンバーは、古く、一時的に開発を断念していました。

ですが、長い遠回りの末、

昨年導入した超高品質急速冷凍庫3Dフリーザーを駆使して、原料素材を高鮮度に保存し、

澄川酒造製の純米大吟醸用の米糀の発酵と活用ノウハウの蓄積(萩美人漬け)、

そして、この度も国の支援を受け、国内最高水準の加工機器を導入することが決まって、

この商品を製造するノウハウとタイミングが揃ったのです。

 

現在は、本格稼働前なので、店頭での販売のみで、

御来店のお客様のみに提供しておりますが、

夏頃には、それも、増えてくるかと思います。

 

日本酒のみならず、ワインにも好相性!

炙り焼いた香ばしさに、イカの濃い旨味が口いっぱいに広がります。

塩糀の優しい甘さと、塩分が、イカの旨味をコレでもかってくらい引き立て、

そこに、雑味や妙な青臭さがないフレッシュな風味の小豆島産EXVオリーブオイルが、

圧倒的な風味を底上げします。

 

正直、めちゃめちゃ旨いです。

 

100%小豆島産EXVオリーブオイルは、発売されると、一週間もしないうちに売り切れる希少なオイルを使用しています。

でも、うちには、お気に入りの秘蔵オリーブオイルがあるのよ!って方には、

オリーブオイルのかかっていない、プレーンタイプの炙り美人もあります。

お好みで、お買い求め下さい。

 

「萩美人漬け」と「炙り美人」

どうせ使うなら、日本一の酒米糀と酒米を頂いて、究極のマリアージュを作りたい。

それを、梅乃葉に来るお客様に楽しんで頂きたい。

そんな思いで作った「萩美人漬け」同様、

「炙り美人」も又、絶妙な美味しさの妙を楽しめます。

 

しかし、どちらも、「冷凍」の商品。

なかなか、販売しづらいんですよね。

この点で、多くの方にお届けする機会を失っておりますが、

 

美味しいものをつくり、お客様に知って頂き、喜んで頂く。 

 

このプロセスは、活イカ料理を続けてきた今まで、ずっとやってきたことです。

地道に、皆様に知って頂けるよう、頑張ってゆきたいと思います。

 


近日メニュー改定を行います。

何年も前から、私がお出ししたい料理のスタイルがありまして、

何人もの人に語る割に、提供までこぎつけられていないものなんですが、

全て、それが揃うまで待っていても、本当に始まらないということもいい加減わかりましたので(笑)、

もう、できることから始めることにしました。

 

目指すは「世界一剣先イカの楽しみ方にうるさい店!」ですw

イカのフルコースじゃないですよ。

後ですね、来店したお客様にくどくど説明しても、本当に「うっとうしい」って思われるだけですから。

※昨日も説明し終えた後、お客様がお連れ様に、

「自由に食べてね」

と間接的に否定されましたし ∑( ̄Д ̄;)・・・・・・ガーンッ!!

 

普通に、しゃらりと楽しんで頂きます。

私の目指す、「たて料理」(とれたて、捌きたて、焼きたて・・)の良さを剣先イカの特徴を踏まえ、

長く付き合ってきた自分がめっちゃめちゃオススメする食べ方・楽しみ方です。

スタッフにも指導していますが、最低限の説明にとどめるようにしています。(求められれば別ですが)

 

ということで、メニューの改定は、もちろん、剣先イカを楽しんでもらうためでもありますし、

今日この日の昼食が、最高に楽しんで頂けるよう、提案してゆくものです。

他のメニューも含め、価格の改定などもありますが、

宜しくお願い致します。

 

で、そんな献立の中の1つを紹介。

「魯山人風 炭火の炙り蒸し」です。

※「炙り蒸し」は梅乃葉の造語です。

 

北大路魯山人のエッセイにある炭火焼きの中に、

失敗しない最適な方法として書き綴られている方法です。

東洋美人の純米大吟醸酒粕で、漬け込んだ、「寒鰆の炙り蒸し」

※写真は東洋美人の純米大吟醸酒粕で、漬け込んだ、「萩産寒鰆の炙り蒸し」絶品です。

 

ただ、あくまで調理する側の立ち位置で書いてあったものなので、

それを、更に、お客様がご自身で楽しめるよう、やり方を工夫して提供しているのが、

梅乃葉の炭火コンロオプションで紹介している炙り蒸し(蒸し焼き)です。

 

 

 

何の事はない炭火に蓋をするだけです。(笑)

で、新メニューでは、焼き魚を楽しんだ後、ケンサキイカで楽しんでもらいます。

ただ、お酒にちょっとくぐらせてから炙り蒸しにします。(←ココ重要)

酒蒸しですね。

 

ケンサキイカの加熱調理の中で、私が、最上級の絶品とするのが、コレです。

でも、これを、うちの「夜明け干し」でやると、「宇宙一の剣先イカの炙り蒸し」になります。

 

内緒ですよ!

(くどくど説明しませんからね!)

 

 

新しいメニューは、もちろん、活イカがベースですが、

萩を楽しんで頂く食事でもあります。

萩市にある梅乃葉ならではの楽しみ方を提案させて頂きます。

 

 

宜しくお願い致します。

(近日)

 


絶景「須佐ホルンフェルス」!

  ・・・・・・の近くの店ということで。。。

関西・中四国じゃらん3月号にて、載っております。

ど~んっと、「惣郷陸橋」!

・・・・・・の下!

そうです!

「行ったついでによっといで!」

っていうヤツです。

 

まあ、そこは何も言わずw、

よっといで!

 

お待ちしております。

 

*********************************************

「イカのある生活」を提案する「イカ料理通販部」