Archive de la catégorie ‘災害’


出資者全員にJAMProjectメンバー全員のサイン色紙を提供!!

須佐クラウドファンディングプロジェクト「もう2度とない尺玉花火で昔の盛大な祭りを復興の勇気にしたい!」に、

アニソン界のスーパーユニット「JAMProject」のメンバー全員から、

「須佐の災害復興」の祈念イベントでもある花火大会へのプロジェクトを応援したいと、

強力なご支援の申し出がございました!

JAMプロジェクト

影山ヒロノブ さん
遠藤正明 さん
きただにひろし さん
奥井雅美 さん
福山芳樹 さん

本当に有難うございます!

須佐のクラウドファンディング出資者全員に、

JAMProjectメンバー全員のサイン色紙をプレゼント致します。

 ※JAM Project(ジャム・プロジェクト)は、
アニソン魂を未来へ伝えようとのコンセプトで結成されたアニソンバンド。
正式名称は“Japan Animationsong Makers Project”。
スーパーロボット大戦シリーズをはじめとした数々のアニメ主題歌を担当しており、その突き抜けた熱い曲は高い評価を得ている。
メンバーは、たびたび出入りが起こるものの、いずれもアニソン界のカリスマ的な存在で、見る人が見れば、これでもかというくらい豪華である。
年齢を感じさせないパワフルなボーカルワークでオーディエンスを圧倒し続ける。
名実ともに『アニソン界のスーパーユニット』である。(ニコニコ大百科引用)

 

復興祈念

昨年、当地は、須佐湾大花火大会と同日7月28日に集中豪雨による甚大な被害にあい、

2014年、復興元年というべきリスタートをしています。

 

その象徴的災害同日の日に、今後、須佐では上げることはないと諦めていた「尺玉」をもう一度あげたい!

そんな出資募集の企画が、クラウドファンディングプロジェクトです。

 

厳しい現実の前に

既に、ご支援の出資をいただいている方もたくさんいらっしゃいますが、

目標額は高く、又、情報の伝播力も弱い当地の力では、

なかなか出資の目標達成は厳しい状況にありました。

 

そんな中、地元出身のきただにひろしさんから、

ご支援の申し出がありました。

JAMProjectお一人お一人が、きただにさんの故郷須佐の復興にエールを送ってくださった気持ちに、

言葉にならない感謝で胸が熱くなります。

 

クラウドファンディング締め切りカウントダウン

クラウドファンディングプロジェクトの締め切りは、6月18日水曜日PM11:00。

目標額に達しない場合は、今まで出資された方の分も含め、全ては、なしとなります。

出資された方の資金も決済されません。

当然、花火大会実行委員会にも1円も資金は届きません。

 

WEBサービス、クレジットカードでの出資、

これだけでも、地域の方、年配の方にとっては

ハードルが高く、思いはあっても、出資ができないという声もありました。

 

お願い

多くの方のご支援と、情報の拡散を

宜しくお願い致します。 .

 

ーーーーーーーーーーーー
現在READYFORのクラウドファンディング
もう2度とない尺玉花火で昔の盛大な祭りを復興の勇気にしたい!
が22%集まることが出来ました!
ありがとうございます!
50af5eeb1f29932283117afbbc7d36940f30a109
まだ支援を募集していますのでよろしくお願いいたします!
ーーーーーーーーーーーー

クラウドファンディングREADYFORで、復興祈念事業の資金募集。

https://readyfor.jp/projects/susa

プロジェクト公開しました!

 

観光シーズンに入り、お客様も多くなってきて、

又、昨年来、進めてきた梅乃葉的、数多の施策が振りかかるように、重要な時期を迎えており、

ありがたくも、時間に追われる毎日の今、

本業以外のことではありますが、

本業にとって、とっても大切な、須佐の今後の活力につながる取り組みと思い、

須佐観光協会の理事・担当として、このプロジェクトを提案いたしました。

 

 

災害復興の中で、目に見えない地域経済の疲弊を肌で感じ、

その地域の元気の象徴とも言える、地元からの寄付で成り立つ須佐湾花火大会を、

復興の始まる本年だからこそ、盛大に盛り上げるべきと考え、

プロジェクトをつくりました。

 

須佐出身者の方、須佐に縁のある方、ご賛同頂ける方に、ご支援を頂きたく、

この声を拡散して頂くことを希望します。

 

皆様、宜しくお願い致します。

50af5eeb1f29932283117afbbc7d36940f30a109

https://readyfor.jp/projects/susa

 


災害復興進んでいます。

ようやく、災害の復興が目に見えて行われるようになってきました。

特に、国道筋の法面工事が一斉に取り掛かられています。

今まで、簡易的に防護壁やシートで覆われていた箇所に工事業者がどんどん入ってきています。

DSC02091-s

 

こういった大型工事は、ほとんど災害当時のままでしたが、

(JRの復旧工事は最優先で既におこなわれてきました)

これから、どんどん加速してゆくでしょう。

 

おいおい、現場の写真なども掲載してゆきますが、

このテーマで当ブログでアップしていると、

合間に、梅乃葉のことや料理のことを挟むと、なんか、おかしくなってきちゃうので、

この須佐の災害復興状況については、これからは、

萩ウォーカー管理人ブログにて書いてゆこうと思います。

 

災害当時も、遠方におられる多くの方が、須佐の状況を知りたがっておられましたが、

最近はどうなん?って声も聞いておりました。

正直、萩市や山口県の復興作業は、目に見えないだけで、どんどん進められています。

そんな中、分かる範囲でちょっとづつ、レポートして行けたらと思います。

DSC02085-s

 

又、今後書いてゆきますが、須佐川流域、特に河原丁より川下は、

川幅も拡張され、護岸も昔ながらの石積みではなくなります。

橋は、橋脚の無いタイプに架け替えられる予定です。

小学校周辺、通学路に使っていたあの風景は、なくなります。

本年、須佐にお戻りになられる機会がある須佐出身者の方々、

是非、目に焼き付けておいてください。

 

そして、本年7.28は、万難を排して、須佐へお戻り下さい。

須佐史上最大規模の復興祈念花火大会が計画されています。

 


須佐海の森を作る会にて

先日は役員会でした。

現状の報告とこれからについてです。

 

今年は、ほぼ、活動らしきことができませんでした。

中学校での講演会日程も、728の直後を予定していましたので、

延期そして中止に。

 

当然、災害が起きてからの、海は濁りに濁り、

夏の暑さで、海水温も上昇。あらめ等を含め海藻が枯れました。

そして、更に水害で流出した土砂汚泥が須佐湾内に堆積。

湾内生態系は壊滅的な被害を受けました。

  魚も釣れません。

その現在の様子です。

PC040034-s PC040053-s PC040054-s PC040055-s PC040028-s

YouTube Preview Image

撮影協力:スサリゾートダイビングサービス

 

名勝・天然記念物であり、

北長門海岸国定公園内、海中公園とまで指定されている

「須佐湾」の海底の現状です。

 

発想を変えてみよう!

このいつまで待っても流れ出ていくことのなさそうな海底の土壌が

どこかのヘドロ化した河川底の絵ヅラと重なって見えた時、

私の中では、

「これって、どかすことより、土壌として進化させた方がいいんじゃないかな?」

という思いが出てきました。

 

どのみち、海藻から貝類など、餌もなくなり死滅するばかり、

きめの細かい泥・砂が自然に流れて消えていくことなど、なんの根拠も無い希望でしかない。

であれば、多くの微生物が繁殖しするような土壌底質改良ができないものか!?

 

まあ、そんな素人の思いつきですから、

事例もない難しいことかと思いきや、

いやいや、あります方法は。

 

個人的に有望なアプローチを集約すると。。。

ざくっと、アプローチとしては、いくつかありますが、

個人的に有望だと思うのは

1つは、「鉄イオン」の注入。

1つは、「微生物」を使ったバイオ浄化。

この2タイプです。

 

これだけ大きな被害面積がありますので、

期間・面積・費用・許可・実施体制など難問・課題は多いのですが、

復興事業は、議員さんの活躍もあり、農業方面には支援策が次々と示されています。

 

しかし、なかなか示されることのない漁業への復興支援という面でも、

今、可能性のあることを見つけて、提案してゆきたいと思います。

尚且つ、民間で、できるアプローチというのもあります。

練り込んでゆきたいと思います。

 

魚介類の豊富な、元の自然環境に戻すために!

さあ、やりますよ!