レア・ホルンフェルス@「イカ墨美人カレー」

10年以上当店のメニューの中に、さり気なく存在し続け、

ものスンゴイこだわった製法・素材でありながら、

活イカを求めて食べに来られた方には、当然のようにスルーされながらもw、

コアなファンを増やし続けてきた梅乃葉の「イカスミカレー」。

1年ちょっとの休止期間を経て、ほぼほぼ、復活の準備が整いました!!



1年余りの休止

以前のイカスミカレーは多くの方に絡んで頂き、

メディア取材(実は全国放送まで)も結構あって、

割と多くの方にリアクションして頂いてたんですよ。

こだわっていたんですが。。。

味の構成的にも、

イギリス系の日本人向けルーの組み立て、

地の素材、

一切の牛豚鶏肉や油脂を使わず、

イタリア料理の技法など、

仕込むたびに、マイナーチェンジを繰り返し、

「もっと、美味しくなるはず」と

追いかけ続けていました。

納得感の限界

しかし、1年ちょっと前、

自分の中での納得感が、とうとう限界にきまして、

「これじゃあない。。。」

と思うところもあり、

納得いかないものを出したくないということもあって、

提供を休止したのです。

(在庫山ほどあったんですが。。。。)

何度もお客様から

「まだですか?」

というお声を頂いておりましたが、

とうとう、納得のいく、いや、

「これは、うまい!」と、

自分で絶賛したものができました(笑)。

開発テーマ

休止期間中に、復活すべきイカスミカレーの姿として、

決めていたことがあります。

  1. ひとくち食べて「うまい!」と言ってしまう味であること。
  2. 剣先イカを美味しく食べられること。
  3. エスニック系のスパイスと旨味のバランスで構成すること。
  4. ヘルシーであること。
  5. 地の素材を骨子に据えること。

です。

ふふふ、コンプリートです!(←自画自賛・・・笑)

最早、イカのカレーでは、日本一と自負しています。(笑)

1は、当たり前として、

2は考え方の転換が必要でした。

旧イカスミカレーの時からのジレンマと言うか、

「何かが違う」という中でもコアな課題でした。

3は調理法としてのそもそも論

長い間作り続けてきて、

イカのカレーは、インド・イギリス系ではないと、

確信した経緯があります。

(まあ、難しく考えなくても、シーフードカレーといえば、エスニックですからね。)

そりゃあ、食べ歩きましたよ~。

タイ料理!(ほとんどカレーですが-)

山口県内(少ないけど)、

東京・大阪の食べログランキング1位あたりはもちろんです。

お取り寄せでも、日常的でした。

なので、この度のカレーの風味は、

グリーンカレーベースです。

4・5は最高を目指すなら当然です!

これは、旧イカスミカレーから継続したテーマですが、

本当は、もっと厳しく複数の制約(テーマ)を課しています。

5にも共通する内容ですが、

金太郎の骨と昆布でスッキリしながらも旨味豊かな出汁をとり、

タイカレー(グリーンカレー)ではベースのココナッツミルクを使わず、

高品質のココナッツオイルと自家発酵した甘糀、そして

酒粕(東洋美人の純米大吟醸酒粕)を使用しています。

このカレーのイカ墨は外国産どころか、

他の品種のイカ墨など使っておらず、

100%須佐産(←これ凄いでしょ)の須佐男命いかのイカ墨です。

(ちまちまちまちまちまちま・・・集めるんです(笑))

当然ですが、牛・豚・鶏・獣の肉や由来する脂やエキスなどは、

一切入っていません。

(たいがい、一般的なカレー(シーフードでさえも)レトルトには入っています。)

6!? 更に!

おおよその構想と検証が進んでいる時に、

萩市の観光協会から、とあるお題を頂き、

第6のテーマとして、「ジオの素材をテーマに据えること。

が付加され、開発が進みました。

イカのカレーはこう食べるべし!!

ご覧の通り、新しいイカ墨美人カレーは、

スキレットで、温野菜と共に、剣先イカを蒸し焼きにします。

ソースは後がけです。

この蒸し焼き、あなどれないどころか、

これ以上無いイカのポテンシャルを引き出しています。

プリッと弾力がありながら、柔らかく、甘みも活性化しており、

そこに、イカ墨とグリーンカレー風味のカレーソースをかけて

召し上がって頂きます。

もうね、声を大にして伝えます。

イカのカレーは、
こう食べるべし!!

です。

カレーソースの上は、東洋美人「純米大吟醸の酒粕ソースです。」

レア・ホルンフェルス@イカ墨美人カレーって?

第6のお題と関連し、こんなメニュー名で、

梅乃葉に(3月末ころ)登場いたします。

ネーミングの理由は、その時に、ご説明しますね!

個数限定提供です。

あ、後ですね、スタート時は、1日の個数限定提供になります。

そのかわり、予約(料理のです。)は可能です。

 

ともかく、大変、お待たせしておりましたが、

ようやく、目処もたち、

日本一のイカカレーとして、復活させます。(笑)

宜しくお願いいたします。

3月末です。


Cet article a été publié le 金曜日 15 3月 2019 à 7:59 AM et est classé dans させて頂きます!, グルメ, 梅乃葉, 澄川酒造場, 田舎時間, 酒粕. Vous pouvez suivre les commentaires sur cet article en vous abonnant au flux RSS 2.0 des commentaires. Vous pouvez faire un commentaire, ou un trackback depuis votre propre site.

Laisser une réponse

Nom (*)
Courriel (ne sera pas publié) (*)
Site
Commentaire