ケンサキイカ一夜干し×酒米塩糀×小豆島EXVオリーブオイル

の美味の妙。

現在、黙ってひっそりと、店頭販売しております。

 

私、梅乃葉店長のイカキャリア(?)最高傑作と自負する、

ケンサキイカのポテンシャルを最大限活かした逸品

「ケンサキイカ 炙り美人 【オイル漬け】」

です。

 

もうね、ひたすら旨いです。(笑)

 

鮮度の高いケンサキイカを一夜干しにした段階で、旨味が凝縮されています。

その一夜干しに、更に、

萩美人漬け同様、澄川酒造様より頂く純米大吟醸用の米糀と、萩の海塩でつくる「塩糀」を、

東洋美人「純米大吟醸」と一緒に漬け込み、

一つ一つ手作業で炙り焼きます。

そして、

焼き上げたイカの身に、小豆島産100%のエクストラヴァージンオリーブオイルを垂らします。

コレだけです。

 

コレだけなんですが、

この一つ一つの素材・相性・調理工程の吟味に、

剣先イカを追求し続けてきた梅乃葉のキャリア・こだわりが注ぎ込まれています。

 

世の中の剣先イカの加工品にこれ以上はない逸品!

そう自負しています。(←もちろん、私の勝手な自信です。)

 

なぜ、酒米の糀を使うのか?ってところで、

糀好きの方でもあまりご存じないのが、生きた酒米の糀(酵素)の特性です。

その特性を駆使し、その方向性のまま、糀を扱います。

東洋美人を手掛ける澄川酒造様が、意図する糀造りとその酵素の働きの方向をです。

 

干物の糀漬け自体、古くからある料理です。

昨今、塩麹漬けというのも、ブームもあり、よく見かける組み合わせです。

そのよくある組み合わせなのに、なぜにこんなに美味しく、高品質にできたのか!?

 

 

じつは、この商品の開発ナンバーは、古く、一時的に開発を断念していました。

ですが、長い遠回りの末、

昨年導入した超高品質急速冷凍庫3Dフリーザーを駆使して、原料素材を高鮮度に保存し、

澄川酒造製の純米大吟醸用の米糀の発酵と活用ノウハウの蓄積(萩美人漬け)、

そして、この度も国の支援を受け、国内最高水準の加工機器を導入することが決まって、

この商品を製造するノウハウとタイミングが揃ったのです。

 

現在は、本格稼働前なので、店頭での販売のみで、

御来店のお客様のみに提供しておりますが、

夏頃には、それも、増えてくるかと思います。

 

日本酒のみならず、ワインにも好相性!

炙り焼いた香ばしさに、イカの濃い旨味が口いっぱいに広がります。

塩糀の優しい甘さと、塩分が、イカの旨味をコレでもかってくらい引き立て、

そこに、雑味や妙な青臭さがないフレッシュな風味の小豆島産EXVオリーブオイルが、

圧倒的な風味を底上げします。

 

正直、めちゃめちゃ旨いです。

 

100%小豆島産EXVオリーブオイルは、発売されると、一週間もしないうちに売り切れる希少なオイルを使用しています。

でも、うちには、お気に入りの秘蔵オリーブオイルがあるのよ!って方には、

オリーブオイルのかかっていない、プレーンタイプの炙り美人もあります。

お好みで、お買い求め下さい。

 

「萩美人漬け」と「炙り美人」

どうせ使うなら、日本一の酒米糀と酒米を頂いて、究極のマリアージュを作りたい。

それを、梅乃葉に来るお客様に楽しんで頂きたい。

そんな思いで作った「萩美人漬け」同様、

「炙り美人」も又、絶妙な美味しさの妙を楽しめます。

 

しかし、どちらも、「冷凍」の商品。

なかなか、販売しづらいんですよね。

この点で、多くの方にお届けする機会を失っておりますが、

 

美味しいものをつくり、お客様に知って頂き、喜んで頂く。 

 

このプロセスは、活イカ料理を続けてきた今まで、ずっとやってきたことです。

地道に、皆様に知って頂けるよう、頑張ってゆきたいと思います。

 


Cet article a été publié le 水曜日 19 4月 2017 à 10:57 PM et est classé dans グルメ, 地域の名品, 澄川酒造場. Vous pouvez suivre les commentaires sur cet article en vous abonnant au flux RSS 2.0 des commentaires. Vous pouvez faire un commentaire, ou un trackback depuis votre propre site.

Laisser une réponse

Nom (*)
Courriel (ne sera pas publié) (*)
Site
Commentaire