23
10月

希望と絶望と幸せと。。。

   Ecrit par : 店長:福島   in させて頂きます!


引き続き健康ネタですがw。。。

 極、身近な知人が末期がんを宣告されました。。。

「胃が痛い・・」

そんな症状だったそうですが、

行った病院は、私が先日「胃が痛くて」行った同じ病院だったそうです。

検査結果は、最悪の数値、後日精密検査の結果、

治療の術はないとのこと。

50代前半のまだまだこれからという時です。

 

言葉にならないですね。

悲嘆にくれる身内や周囲も痛々しいですが、

本人や奥様の気持ちを推し量ることすら出来ません。

今の自分には立場を置き換えて考えることすら恐ろしいです。。。

 

あまりに、突然で、絶望的な宣告。

ほぼ同時期に同じ病院に、同じような理由で行った自分は、

大したこともなかったのに。

 

こういう機会でもなければ、

人生をぐっと、俯瞰して見ることを忘れる毎日です。

今の自分の立ち位置が、ずれてるとも、不本意であるとも全く思いませんが、

今、眼の前の時間の価値、

家族と共有する時間の価値、

仕事に情熱を持つ時間の価値を

考えさせられます。

 

今日ラジオで、

子供の頃に感じる時間の長さ(長く感じる)と、

大人になってからの時間の長さ(短く感じる)の感じ方が違うのは、

生きてきた年数が分母にくるからという考え方があるそうで、

 

その数式はともかく、

生きてきた時間の使い方が、今に反映しているのは確か。

 

その方に対しては、奇跡的な回復を祈るばかりですが、

言い方は悪いのですが、

自分自身、その方より、多少長く生きられるかもしれないだけの可能性の違いです。

眼の前にある時間に感謝したい気持ちに溢れてきました。

DSC_0076

 


Cet article a été publié le 水曜日 23 10月 2013 à 9:17 PM et est classé dans させて頂きます!. Vous pouvez suivre les commentaires sur cet article en vous abonnant au flux RSS 2.0 des commentaires. Vous pouvez faire un commentaire, ou un trackback depuis votre propre site.

Laisser une réponse

Nom (*)
Courriel (ne sera pas publié) (*)
Site
Commentaire