周辺自治体からの支援

昨日は、メディアを始め、警察・消防・自衛隊などの応援が被災地各所で来られてました。

周辺自治体からは、給水車が来ており、助かっています。

13751387230680

13751387544421

 

水を入れるポリなどない人用に、ビニールバッグが用意されています。

 

田万川温泉が、無料開放されているという情報は、後で知ったんですが、営業時間が短くなっていて、

嫁と子ども達が行きそこねたため、

我が家は、その水を台所で沸かして、風呂水位15cmの湯で、家族全員体を洗い流しました(笑)

 

昨日も、実家の土砂や泥水の除去に追われていました。

13751044038501

 

床上浸水すると、基礎の中に入り込み、排水できず、抜けないんですよね。

床板を外して、バケツで掻き出す作業です。

細かい汚れは、こういうのが終わってからです。

 

1Fが冠水した家屋などは、家財のほとんどがゴミと化して、

もはや、為す術もない状況です。

片付けても、住めるのか?といったところもあるので、

子供いる家庭など、今後も不安ですが、今が大変です。

引越しを決めた方も多く、しかし、引越し先が今、決まっているわけではない人も多いです。

 

実家は、役場の近くですが、

役場前の道路に堆積した土砂も片付けられていない状況です。

こういう、一般生活道路のゴミ・土砂の除去は、行政・消防も現在、ノータッチです。

個人や集落として目の前の土砂を除くだけです。

 

当たり前ですが、行政や警察・消防にはもっと最優先すべきことがたくさんあるからです。

行方不明者の捜索、被害状況の確認など

水にいたっては、メインポンプの土砂災害ですから、

復旧に徹夜であたっているそうです。

 

今回の被害は、河川沿いの集落がメインですので、

海に近いから被害に合うというわけではありません。

山間部も、河川が大きくなくとも、田や畑は、全部流されたりしていますので、

被害エリアは、広範囲ですが、住宅被害は、河川沿いといった感じです。

 

まだまだ、復旧作業です。

今日も、頑張ります!


Cet article a été publié le 火曜日 30 7月 2013 à 8:45 AM et est classé dans 災害, 田舎時間, 自然. Vous pouvez suivre les commentaires sur cet article en vous abonnant au flux RSS 2.0 des commentaires. Vous pouvez faire un commentaire, ou un trackback depuis votre propre site.

2 commentaires opour le moment

ちゃまロック
 1 

はじめまして。
大阪に住む「ちゃまロック」と申します。
亡くなったじいちゃんばあちゃんが松原地区に住んでおり、その家はまだ残ってる状態で、益田に住む両親が家と畑の守りのため頻繁に行っているようです。
私も年に一度は益田に戻り、その際には必ず須佐にも寄るようにしており、非常に愛着のある場所です。
そこが今回、大雨の被害にあいショックを受けております。こちらでの報道は阿東や津和野が多く、須佐の情報は入ってきませんでした。昨夜、益田の両親に電話をし、状況を聞きました。松原のじいちゃん家は床下浸水だったそうですが、泥がひどい・流したいけど水道がまだ等いろいろ教えてもらいました。そして、須佐駅やその周辺はひどかったとも聞き、そちらの店を思い出しました。2度ほど、頂いた事があります。ばあちゃんの祝いもしました。で、店のホームページを見るとブログのバナーが… クリックすると当日や翌日の様子が細かく書かれていて写真も多く、非常に参考になりました。まだまだ暑さは続くでしょうが、病いにお気をつけて下さい。10月にある空港マラソンの際に参加します。その時に須佐にも行くつもりでございます。それでは、失礼いたします。

30 7月 2013 à 9:37 AM
 2 

ちゃまロック様
コメントありがとうございます。
松原地区、床下浸水だったのは、まだ、さいわいでしたね。
ちょっと、立地が違うところで、1階がボロボロのところもありましたから、
ご心配だと思います。

松原地区は、結束も固く、周囲の方も気を配られていると思います。

コメント有難うございます。

30 7月 2013 à 9:46 AM

Laisser une réponse

Nom (*)
Courriel (ne sera pas publié) (*)
Site
Commentaire