更新滞っておりますが。。。。

日々、出来後・珍事・事件・珍客にネタはあっても更新できずにおります。

そんな中、軽く、しかも、なんとなく進んでいる梅乃葉の内装マイナーチェンジが進行中です。

足場板

足場板は、字の通り、工事現場で大工さん・左官さんらが作業の足場に使っている板です。

http://www.ashiba21.com/

これを、多少のクリーニングしただけの古材なのですが、

ペンキやモルタルのこぼれた後、にささくれだった傷や凹凸などのある木材です。

梅乃葉の前面リノベーション時に、萩のスイケンさんから教えて頂いた素材で、

内装・外装に使っていました。

 

その後、テーブルの天板にしつらえたり、

おみやげコーナーの什器にと加工していました。

 

で、今回は、パーテーションを漆喰とともに設え、

窓際の棚板を前面取り替えるなど、結構、店内カラーが変わって来ました。

足場板と漆喰で作ったパーテーション

足場板と漆喰で作ったパーテーション

そこかしこに足場板です。

そこかしこに足場板です。

窓際にも足場板

商品やお店づくりに対するコンゼプト同様、

天然・自然のそのまんまを感じさせる素材感と、

使用済みのくたびれ感が、馴染みやすさや気軽さを感じさせてくれればと、

そんな思いのDIYです。

 

たまに、活イカが価格的にも価値的にも高い商品なので、

それに見合うちょっと高級な和食店、

はたまた、割烹や小料理屋を想像されて来られる方もおられるようで、

 

そんな方からすれば、「なんだこの安っぽい店は!?」と思われるかもしれませんが、

うちは、そんなお店をうたい、気取ったことはございませんし、

昔から、気軽な街場の飲食店というスタンスのままです。

 

中原木材工業

http://nakahara-mokuzai.com/

そして、このたび、GWまでに店内の一部の椅子を外注しています。

イカのオブジェを作って頂いた、萩市の中原木材工業のチューゲンさんにです。

しかし、本来この方は、徹底して、こだわりぬいた椅子やテーブルを作る方。

本当は、そんなこだわりの天然木テーブルや椅子を使ってみたいところですが、

うちのお店のコンセプトとはちょっと毛色がちがうのと、それなりの予算がいりますので、

この度の依頼は、この足場板を使ったもので、尚且つ、既存の椅子(ソファー)の材料をリメイクするというけちくさい依頼です。

 

きっぷの悪いオファーでしたが、チューゲンさん快く(←多分?)引き受けてくださいました。

足場板で作る椅子

足場板で作る椅子

いつも、感銘を受けるのは、ものづくりや素材感に対する捉え方です。

自身のDIYにはとても刺激をうけるのはもちろんですが、

人にとっての家具や設えに対するこだわりは、お店全体に対することにもつながるメソッドも多く、

長く付き合ってゆける家具とは!?が、長く付き合って頂けるお店とは!?

という新たなイメージをわかせてくれます。

 

さてさて、GWに向けてまだまだやらねばならぬことだらけ!

昨年以上に忙殺の日々ですが、足元疎かにならないよう、

日々、頑張ります!


Cet article a été publié le 土曜日 13 4月 2013 à 8:05 AM et est classé dans 日常, 梅乃葉. Vous pouvez suivre les commentaires sur cet article en vous abonnant au flux RSS 2.0 des commentaires. Vous pouvez faire un commentaire, ou un trackback depuis votre propre site.

Laisser une réponse

Nom (*)
Courriel (ne sera pas publié) (*)
Site
Commentaire