山口タウン情報誌とらいあんぐる1月号発売

IMG_0002-1

先日、取材のありました山口のタウン情報誌「とらいあんぐる」さんの

1月号「ぐつぐつ冬グルメ」コーナーにて、

当店の1月予定の梅乃葉定食の献立のメイン料理「鯖のみぞれ鍋」が紹介されています。

IMG_0001-1

 

梅乃葉の冠料理「梅乃葉定食」は、メイン料理が季節替わりの手軽な刺身定食です。

是非、どうぞ!

トライアングルさん、ありがとうございました。

今年最後に、雑誌に紹介される機会を頂けるなんて、

ありがたいです。

 

ぱくる!とは!?

ところで、私が、取材を受ける時、いつも、意識しているぱくりルールがあります。

本当は、アグレッシブに、担当記者さんと懇意になって、太いパイプなどを作るのが、賢いのかもしれません。

以前、アルケッチャーノの奥田シェフにも、そういう薦めを受けましたし、

知人でも、うまくやられている方を見ると、「凄いなあ」と感心します。

ですが、なかなか、私はそこまで出来る器量がありませんから、

来て頂いた記者さんやスタッフの皆さんに感謝・感謝ばかり。

名刺交換さえ忘れることもあります(笑)

 

その代わり、色々ぱくっちゃいます。

1.料理の配置・撮影方法

先ずは、料理の配置(器の配置、撮る瞬間のポイント)や、撮影方法(照明使い、アングル、機材・器具)。

素人ながらも、見てれば自分がいつもやることとの違いは、はっきりわかりますので、勉強になります。

影で、コソコソメモを取ります。

言いやすいスタッフさんだったら、質問もしちゃいます。

話し好きのディレクターさんやカメラマンさんだったら、どんどん教えてくれます。

あばよくば、セッティングされたカメラアングルを拝借して、自分のカメラでも撮ります。(←ちょっと、失礼)

で、その後、実践で試していきます。

未だ、一眼レフの操作さえわからないのですがw。。。

 

2.仕上がりとの違いにある「技」

で、次に、結構これがミソだったりするのですが、

出来上がりの映像を、オンエアーや雑誌で見るじゃないですか、

違うんですよ。色々と。

それがなぜ、そうした方がいいのかというのは、もちろん、美味しく見せるためですから、

そこには、いい意味での「技」があるんでしょう。

その「技」を自分の分かる範囲でパクっちゃうんです。

 

もちろん、最初の頃はなんでそうなるのかなんて、わからないことだらけでしたし、

今でも、分からない「技」は多いのですが、

だんだん、察しがついて、自分でもできるようになると、色々反映できるじゃないですか、

面白いですよね。(まあ、本職の方からすればなんちゅーことのない技かもしれませんが)

極たまに、聞けるお相手の場合は、聞きますけどね。(ほとんどないですが)

 

3.使い方

で、最後にその「絵」・「映像」の使い方です。

番組やコーナーの目的や尺、又は、スペースがある中で、どの映像を使い、

どの画像を、どんなキャチコピーや大きさ・音等と合わせて表現するのか、

そして、取材内容の文章や声をどこで、どう使うのか。

 

もちろん、それは、センスや現場でのキャリアの蓄積は大きいことなので、

簡単に理解はできないかもしれませんが、

どうせ、わかんないなりにも、1ケくらいは、見つけてやろうって気でいつも仕上がりを見ます。

 

 

というのが、個人的な3つのぱくりポイントです。

なんで、自分でやろうとするかっていうと、

 

 

自分自身のやりたがりっていうのは、十分あるんですが(笑)、

テレビ番組だと、同じ番組には1度出演したら3年は使っちゃいけないルールってもんがあるらしいのです。

(もう、過去の話?なのかもしれませんが)

人によっては、「まあ、やり方次第だけどねえ・・」とか言う方もおられました。。。

 

ただ、実際、そんなルールがあろうがなかろうが、

同じネタで何度も紹介する番組なんて、面白くはないでしょう。

常に、テレビ局さんや雑誌社さんは新しい切り口のテーマで取材対象を探されているんですよね。

 

ということもあって、

自分のとこの料理くらい、いつも自分で美味しそうに伝えたいじゃないですか。

ただ、そんな理由です。

美味しそうに伝えて、実際、その通りの満足をして頂けたお客様の笑顔は、格別です。

なんでもぱくりますよ(笑)!

 

 

 

そして、メディアの皆様、

いつも、素敵な内容に仕上げてくださって、ありがとうございます。

 

感謝!


Cet article a été publié le 日曜日 29 12月 2013 à 11:22 PM et est classé dans ありがとう・感謝!, テレビ・雑誌-メディア, 梅乃葉. Vous pouvez suivre les commentaires sur cet article en vous abonnant au flux RSS 2.0 des commentaires. Vous pouvez faire un commentaire, ou un trackback depuis votre propre site.

Laisser une réponse

Nom (*)
Courriel (ne sera pas publié) (*)
Site
Commentaire